FC2ブログ

プロフィール

京一郎@お気楽亭

Author:京一郎@お気楽亭
とにかく読む!読む!
家計を圧迫しつつ読む!読む!読む!
_| ̄|○

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

2008/01/11 (Fri) 02:00
(90-90) 神父と悪魔 カープト・レーギスの吸血鬼

神父と悪魔 カープト・レーギスの吸血鬼 (B's-LOG文庫)神父と悪魔 カープト・レーギスの吸血鬼 (B's-LOG文庫)
(2006/10/14)
志麻 友紀

商品詳細を見る

「それでは、まるでヴェドリックが、大いなるおかたを信じていないようではありませんか?」

 神の城での退魔の結果、地下書庫を全焼させた責任を取らされて、地方教区に左遷となった若き神父ヴェドリック・ヴェスター。
 実のところ彼は最強の退魔師であった。
 大悪魔アンシャール・アンドゥリィル・アレグリオス(仮名)と、役に立たない守護天使(奴隷)オフィエルを引き連れて、彼は街を騒がす吸血鬼事件に挑む!


 表紙買いしたら、結構気に入ってしまったシリーズ。

 主人公は最強の退魔師ではあるが政治にも出世にも興味が無いというかなり俺様風。
 しかし、大悪魔から「かなり正義の味方」とか言われたり、守護天使がつくほどの隠れ聖人。
 それでいながら、半吸血鬼化しても聖水も神の御印を堂々と使う無信心ぶりに痺れますw
 神の無慈悲は信じているキャラです。

 終盤、いきなり魔界に突撃という展開。・・・は?ポカーンとw
 この展開で悟りました。本作品は、実はオカルト物とかのパロディなんですねぇ。
 このあたり、現在(下書き時点2007年末)読んでいる第三巻でも生きてる認識です。
 おまけに、・・・・・・いや第三巻で思ったことは第三巻で書きましょう。

ということで
好き好き度:90 (オッフィー君、君がヒロインです。ポジションとしては間違いないw)
オススメ度:90 (オカルト物とかが怖いという貴方、大丈夫です)
としましょう。大盤振る舞い。


ちなみに、表紙買いした理由はというと・・・結局は、逆転裁判が好きだからぁw?
※ 似てると思ったら、イラストはキャラデザの人だったようです

ではまた明日、第二巻で!
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking

<< 編集後記 | ホーム | 編集後記 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。