FC2ブログ

プロフィール

京一郎@お気楽亭

Author:京一郎@お気楽亭
とにかく読む!読む!
家計を圧迫しつつ読む!読む!読む!
_| ̄|○

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

2008/02/08 (Fri) 21:52
(100-100) 生徒会の一存

生徒会の一存 (富士見ファンタジア文庫 166-7 碧陽学園生徒会議事録 1)生徒会の一存 (富士見ファンタジア文庫 166-7 碧陽学園生徒会議事録 1)
(2008/01)
葵 せきな

商品詳細を見る

そして。

 人気投票で生徒会長を決定する碧陽学園の生徒会は美少女の楽園である。
 唯一の例外は、学力で学年首位をもぎ取った者のみ。
 生徒会副会長・杉浦健はハーレムエンドを目指すために、学年首位を取ったという強者であった。

 この小説は、そんな生徒会のゆるーい日常の物語である。



 なかなかやりますね。この小説、ほぼ完全に生徒会室の中で座ったままです。
 このような形式としては、アイザック・アジモフの黒後家蜘蛛の会が名作の誉れが高いです。
 あとは、上遠野浩平のしずるさんシリーズなんかもあります。
 本書を読んで面白いと思った方は、読んでみると良いかも。

 これらは安楽椅子探偵モノといって推理小説では結構ありますが、純粋なライトノベルでは見た記憶がありません。
 女四人に男がひとり、というエロゲ的設定を逆手にとって、微妙な距離感と人間関係をうまく盛り込んでいます。
 推理小説ならともかくライトノベルでは難しい手法ですね。
 この調子で書き続けられるなら名作になると思います。



 なんというか、四コマ小説ですか。私も好きです。
 この作品は雰囲気的には珠月まやの「にゃんことカイザー」(芳文社・まんがぱれっと連載)なんか近いと感じます。
 主人公が女の子たちとの距離感を楽しんでる雰囲気がです。
 まだ単行本は出ていませんが、興味をもたれた方は雑誌をどうぞ。


ということで、
好き好き度:100
オススメ度:100
としましょう。


ではまた来週!
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking

<< 編集後記 | ホーム | 編集後記 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。