FC2ブログ

プロフィール

京一郎@お気楽亭

Author:京一郎@お気楽亭
とにかく読む!読む!
家計を圧迫しつつ読む!読む!読む!
_| ̄|○

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking

2008/03/24 (Mon) 21:57
(80-100) チーム・バチスタの栄光

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)
(2007/11/10)
海堂 尊

商品詳細を見る

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 (600))チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 (600))
(2007/11/10)
海堂 尊

商品詳細を見る

──殺しちゃえばよかったんです、こんなヤツ。

 左心室縮小形成術、通称バチスタ手術。成功率六割といわれるこの手術を驚異的な成功率で執刀するチームがあった。
 しかし、続けざまに起こった失敗に、チームの長である桐生医師は疑念を抱く。原因が…わからないと。
 桐生医師にチームの監査を依頼された病院長は、一計を案じる。
 リスクマネージメント委員会への提議というエスカレーションは時期尚早とし、一人の男に予備調査を命じたのだった。
 出世の道を放り出してそれでもなお居座っている、かっての教え子の田口公平に。



 医療ミスなのか偶然なのか、それとも…という引きで人物一人ひとりの調査が展開する上巻。
 厚生省からきた火喰い鳥こと白鳥圭輔が、彼らの心の底をズカズカと暴きだしていく下巻。
 上巻下巻にサブタイトルをつけるとしたら、文中の用語からして「パッシヴ・フェーズ」「アクティヴ・フェーズ」でしょう。
 うまい配分でダレ場がなく、一気に読んでしまいました。
 なにかと話題になった作品ですから解説やらは書いても仕方ないですが、構成が堂に入っています。
 続編は読んでいないのですが、とりあえず白鳥理論でのパッシヴ・アクティヴという方法論の紹介はこれ一冊で充分伝わります。

ということで、
好き好き度:80 (ちょっと白鳥技官の行動が誇張されすぎてて、そう上手くいくのかな?と思ってしまいました)
オススメ度:100
としましょう。


ではまた次回。
スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking

<< いろいろ | ホーム | 採集レンジャー二名と行くチキン探検隊 (いや、無謀なのか) >>

コメント

フィットネス・トレーニング

フィットネス・トレーニングを探すなら http://www.umaiumai.biz/101070/200170/

離乳食の選び方

離乳食の検索サイト。進め方、レシピ、初期、後期、離乳食量など離乳食に関する各種情報をお届けしています。 http://meninblack.tallmadgetitans.com/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。